スタッフブログ, 塗装工事の施工事例

ベランダの床に悩んでいませんか?

藤沢市のベランダ防水

ベランダの床が気になってどうしよう?って思っていませんか?

こちらではベランダの床のメンテナンスについて、藤沢市の屋根外壁塗装専門店の本田TOSO、私本田が解説します!
ベランダの床は「防水」が命です。
防水機能が無くなると、雨漏りに繋がり、建物内部の復旧工事が必要となり、大掛かりな工事へと発展してしまいます。
ですので、ベランダの床は定期的なメンテナンスが必要となります。

ベランダのメンテナンスとは?

まずは、ベランダの床の防水層を作ること。
防水層を作ることにより、床内部に水が入らなくなります。
工事前と工事後の様子を見て下さい。
ベランダの床修理

上写真:工事前の様子

防水工事後の様子

上写真:工事後の様子

防水工事が終えると、艶が出て、水が弾くようなイメージが湧くかと思います。
これがベランダ床のメンテナンスで、これにより、外にあるベランダが長持ちします!

ベランダのメンテナンスで、注意すべきポイントとは?

ベランダの床をただ塗れば良いってわけではありません!
非常に大事な施工箇所があります!
それが、こちら。
どれん箇所
ドレンと呼ばれる、雨水が流れる排水箇所です。
なぜ大事な箇所かというと、この箇所から雨漏りするケースが多いからです。
このドレンだけが、床の穴を貫通している箇所で、ここをしっかりメンテナンスしないと、雨漏りをしてしまいます!
我々職人の中では、このドレンをいかにこだわり持って工事するかが腕の見せ所ですね。
こんな感じで作業をしています。
工事前ドレン補修
ドレン補修ドレン回りの防水
この穴周りは重点的に防水下処理を施します。

もう1つ大事な箇所がこちら。
立ち上がり防水
こちらは、防水の立ち上げ箇所で、窓の下にある小さな壁の箇所です。
普段見ない箇所だと思いますが、非常に重要な箇所です。
最近では、非常に多い雨量のため、ベランダの床の雨水がプールのように水が溜まったり、また強風のため、雨水が横から降るようなケースが多いです。
そんな際に、防水は床だけでなく、立ち上がった壁面もしっかり処理することが大事なポイントです!
よく、この立ち上がりの防水処理がされていないため、雨漏りしてしまうケースがあります。
こんな地味な箇所も我々はこだわり持って作業しています。
防水処理

ベランダの床のメンテナンスは誰に頼めばよいの?

ベランダの床塗装
一般的には、防水工事の範囲になるので、防水職人になります。
ただ、街角では、防水工事屋を目にしませんよね?
なので、我々のような塗装職人が防水工事も行っているケースが多いです!
もちろん我々、本田TOSOも防水工事を承っております。
ベランダの床は、足場が無くても作業ができるケースもありますので、「まず先にベランダの床のメンテナンスがしたい!」という方は、本田TOSO(ほんだとそう)にお気軽にお問い合わせください!
藤沢市以外でも、横浜市、綾瀬市、茅ケ崎市、平塚市、寒川町も対応しております!

外壁塗装の施工エリア

本田外壁塗装の施工エリア

施工エリアは、神奈川県の藤沢市、横浜市、綾瀬市、茅ケ崎市、平塚市、寒川町となります。

それ以外の地域の方も、お気軽にお問い合わせください。

見積依頼・お問い合わせはこちら

*現在ご依頼を多く頂いており、スタッフ全員が現場に出ております!

作業中で電話に出れないことが多いので、お手数ですが下記のお問い合わせフォームからご入力頂きますようお願い申し上げます。

すぐに折り返し連絡を差し上げます!

本田TOSO (ほんだとそう)
〒252-0823 藤沢市菖蒲沢1055
連絡先 0466-77-3863